子宮筋腫と内膜症に効果的なルテインの働き

ルテイン,子宮筋腫,内膜症,働き

ルテインは、ブロッコリーやほうれん草、とうもろこしなどに含まれているカロテノイドという色素の一種で、動植物に幅広く存在しています。
その数は600種類以上と言われており、食品中含まれているのは40種類から50種類です。
人間の身体の中にも存在しており、

  • 皮膚
  • 母乳
  • 子宮頚部
  • 乳房組織

などに蓄積されています。

女性の体にも大事な役割を果たすルテイン

ルテイン,子宮筋腫,内膜症,働き

ルテインは摂取することで子宮に滞在します。
そのため、以下の症状のリスクを減らす効果が期待できます。

  • 子宮筋腫
  • 子宮内膜症
  • 生理痛

もともとルテインは目に良いとされていますが、強い高酸化作用を持っています。
この性質は、紫外線による光老化からお肌を守る効果があります。
その他にも癌のリスクの軽減にも効果があるという研究もなされています。

 

体内にあるルテインは、妊娠期間や授乳期間により増加する性質をもっています。
へその緒に含まれている血液や、母乳にも含まれていることから、乳児や胎児の発育に大きな関係があります。
そのため、子宮筋腫内膜症子宮がんなどにも働きかける期待がもてます。

ルテインはサプリメントで摂取することがおすすめです

40代からは体内で生成されるルテインは減少していくため、食事やサプリメントで不足分を補うと良いでしょう。
子宮筋腫の予防に適している摂取量は1日6グラムとされているため、過剰摂取に注意しましょう。

 

ルテインは、天然のものと合成のものが存在しています。
合成のものは石油を原料としているものがあり、副作用がおこる可能性があります。
サプリメントなどを購入する際にはチェックし、摂取する場合は天然のものをおすすめします。

 

ルテイン自体は女性ホルモンの分泌をうながす作用はありません。
そのため、子宮筋腫に対する副作用はありませんが、必要量を守って摂取することをおすすめします。

効果とコストを考慮したルテインサプリおすすめランキングはこちらから