ルテインとは、目の健康に効果のある栄養成分

ルテインサプリ,効果

ルテインとはカルチノイドの一種です。
マリーゴールドの色素としても知られています。
一般的にな食材で言えば、ケ―ルホウレン草ブロッコリーなどの緑黄色野菜、
ブルーベリーラズベリーなどの果物などに多く含まれています。

ルティンMENU
  1. 効果とコストを考慮したルテインサプリおすすめランキング
  2. ルテインは外部から補う必要がある
  3. 緑内障予防に効果的なルテインサプリ
  4. 疲れ目を改善する効果を持つルテインサプリ
  5. ルテインサプリとブルーベリーサプリの違い
  6. ルテインサプリの代表であるブルーベリーサプリと他のサプリを比較してみた
  7. タイミングが大事、ルテインサプリの効果的な飲み方

効果とコストを考慮したルテインサプリおすすめランキング

 

めなり(さくらの森)の特徴

今までにない高品質&続けやすい理想のサプリが【めなり】です!
●【めなり】の高品質成分
 「ビルベリー」 「ルティン」 「ゼアキサンチン」 ※全て業界トップクラス配合!
 驚きの凄い新素材「クロセチン」 還元力の王様「アスタキサンチン」も高配合!
●【めなり】の圧倒的なコストパフォーマンス
 1日たったの33円から始められます!
めなり(さくらの森)

特徴 高スペック成分で『超クリア』な世界を実感したいなら【めなり】
価格 [通常]3,980円907円(初回特別)+15日間安心返金保証
 
ルテイン【小林製薬】の特徴

ショボショボ・ぼんやりが気になる方!
くっきり鮮やかな視界を求める方におすすめすめ!
目の網膜(黄班部)の健康維持に役立つという研究結果が
消費者庁に受理された【機能性表示食品】
大手製薬会社の安心・安全の品質管理が徹底されています!
ルテイン【小林製薬】

特徴 小林製薬の【機能性表示食品】《ルテイン》
価格 [通常]1,728円864円 初回1袋目【半額】特別価格あり
 

大正ブルーベリー(大正製薬)

大正ブルーベリー(大正製薬)の特徴

眩しさや不快の原因となる青色光を吸収するルテインは年齢とともに減少。
ルテイン6mgり配合の大正ブルーベリーでクリアな毎日をお届け!
フィンランド産ビルベリーも配合(ブルーベリーよりも高いアントシアニン)
●1日の摂取量目安量ルテイン6mgもしっかり摂れる!
●すばやく溶けるカプセルを使用!
●光と酸素を通さないアルミ個別包装
大正ブルーベリー(大正製薬)

特徴 ルテイン6mg配合でくっきりクリアな毎日♪
価格 [通常]3,200円1,000円 初回限定【68%OFF】2回目以降も毎回10%OFF
 
北の国から届いたブルーベリー(やわた)の特徴

累計700万袋突破!TVでも大人気の八幡物産の「北の国から届いたブルーベリー」
アントシアニン含有量3倍以上の野生種ビルベリーを使用!
1粒にビルベリーエキス200mg配合し1日に120mg~250mgがたった一粒で取れる!
他にもルテインカシスエキスコエンザイムQ10EPADHAも配合されています!
北の国から届いたブルーベリー(やわた)
自信のある【全額返金保証付き】なので安心して試すことができます♪

特徴 アントシアニンが3倍以上のビルベリーエキスが1粒に200mg配合!
価格 [通常]2,160円2,052円(らくらく定期便)全額返金保証付き
 

一望百景

一望百景(いちぼうひゃっけい)の特徴

紅イモだったらアントシアニンはブルーベリーの4倍、ルテインはほうれん草の3倍!
実感率は驚きの85.1%!しかも1日当たりたった60円という低価格!
沖縄産の紅イモで全て国産素材で整合されて安心です。

ルティン含有量をパワーアップ【20mg】2016年4月より
一望百景(いちぼうひゃっけい)

特徴 【ゆがみ・かすみ・乾き】くっきり!!ブルーベリーとは違う!
価格 [通常]1,800円1,620円(とくとく便)初回全額返金保証

ルテインは外部から補う必要がある

ルテインの成分は、目の網膜の保護と治癒に効果が認められています。
主な働きとして、人間の眼球に有害な光とされる紫外線や青色の光から、目を守ることがあります。

 

そもそもルテインは人間の体内にあるものですが、体内で新たに合成することができず、加齢とともに減少してしまいます。
そのため、テレビやパソコンなどの日常の中に目に良くないといわれる光があふれている現代では、ルテインを外部から摂取して補うことが必要になります。

 

ルテインの効果と摂取量の目安

強い抗酸化作用で、加齢黄班変性症などの目の病気や、視力低下、眼精疲労などを予防することができます。
また、抗炎症作用もあるため、トラブルが起きてしまった場合にも、症状を和らげる効果が認められています。

 

ルテインの摂取量の目安は、予防目的なら1日に6mgから12mgといわれています。
これはケ―ルでは約27gホウレンソウでは約60gで摂取可能な量です。

 

しかし、野菜それぞれの栄養価が一定でないことや、調理によって失われることもあるので、安定して摂るためには充分な配慮が求められます。

 

また、すでにトラブルがあって摂取する場合には、1日20mg程度が必要といわれていますが、自己判断せず、医師と相談しながら摂り入れることが肝心です
安定して摂取するためにサプリなどを利用する時は、成分や配合量、製法などを見きわめて、効果の確かな自分にあったものを探すことが大切です。

【朝のルテイン&プラセンタ】今まで無かったまったく新しいサプリです!

 1.ルテイン40mg配合<業界最高レベル>
 2.天然フリー体ルテイン100%
 3.プラセンタ6000mg配合!(ルテインサプリ国内初)
 4.フレッシュマンゴー風味セリー!(ルテインサプリ国内初)
 [通常価格]9,800円今なら3,920円 ※毎月先着300名様限定

【めなり】

 

緑内障予防に効果的なルテインサプリ

ルテインサプリ,効果

緑内障とは視野が狭くなる目の病気です。
この病気を発症する原因は様々です。

 

外部からの衝撃などで眼圧が高くなる場合や遺伝による場合、また、眼精疲労ストレスによって引き起こされる場合もあります。
そして自覚症状がほとんどないまま進行するため、定期的な眼科検診がお勧めです

 

そして予防に効果的なのがルテインの摂取です。

ルテインがもたらす二つの作用

ルテインは抗酸化作用のあるカロテノイドの一種で、瞳に多く存在します。

 

人の目は紫外線やパソコンのブルーライトなど様々な光を浴びています。
それらの光は目にダメージを与え、目の老化を促進します。それを防ぐのが抗酸化作用のあるルテインです。

 

また、ルテインにはそのような有害な光を遮断する働きもあります
つまりルテインにはダメージを与える光を遮断すると共に、目の老化防止という二つの作用があるのです。

 

緑内障予防するならルテインサプリ

このように目を守るという点で緑内障予防に効果的です。
そのような効果的な栄養素を簡単に摂取できるのがルテインサプリです。

 

ルテインの不足は緑内障以外にも、白内障加齢黄斑変性症という目の疾患を引き起こす可能性があります。
定期的な眼科検診を受けると共に自分でできる予防策として目に効果的なルテインサプリの摂取をお勧めします。


疲れ目を改善する効果を持つルテインサプリ

ルテインサプリ,効果

ルテインサプリは、目に効くサプリメントとして人々の注目を集めるようになっています。

 

近年、ドライアイ疲れ目、さらには飛蚊症など、目に関する疾患を患っている方は決して少なくないでしょう。
そんな方々にとって、是非とも上手に活用したいものの一つが、このルテインサプリというわけです。

 

ルテイン不足で起こる目のトラブル

ルテインは果物野菜、また海藻などに含まれている色素の一種で、目にとって大事な成分です
実際に、ルテインが不足してしまうと、疲れ目やドライアイ、さらには眼精疲労といった症状があらわれやすいと言われています。

 

また、飛蚊症と呼ばれる疾患を患うこともあります。
飛蚊症とはその名が示す通り、蚊のような小さいものが視界に映る症状のことで、いくら目をこすったりしても消えることはありません。

 

これは、老化も一つの原因であると言われています。

 

不足分はルテインサプリで補うのがおすすめ

このように、ルテインの不足によって引き起こされる目の疾患を防いだり、症状の改善や緩和を促したりする効果を持つのがルテインサプリなのです。
基本的に言って、このルテインという物質は体内で作られることはありません

 

それで、加齢に伴って不足気味になってくるものです。
そのため、ルテインサプリを毎日意識的に摂取することによって、不足しがちな分をしっかり補うように努めたいものです。


ルテインサプリとブルーベリーサプリの違い

ルテインサプリ,効果

ルテインサプリは目の働きを改善し保護する役割を持つ健康食品として広く普及しています。

 

ブルーベリーやビルベリーに含まれているアントシアニンと同じ抗酸化作用が認められることでも有名です。

 

アントシアニンの特徴

一般的にブルーベリーなどへ豊富に含まれるアントシアニンは、目に入ってきた光を脳へ伝える際に必要となるロドプシンの再合成を促進します。
そのため、視力の低下を防いだり目の疲れを改善する効果が期待されます

 

ルテインの特徴

一方でルテインは体内で生成できない成分といわれており、外部から入り込む有害な光を吸収・遮断する役割を持ちます。
そのため、紫外線やブルーライトに対して強い影響を受ける状況であるほど効果を発揮しやすい成分という点で大きな違いが生じます。

 

ルテインサプリとブルーベリーサプリの摂取が理想

ルテインサプリとブルーベリーサプリの成分はどちらも一長一短の特性を持ちます。

 

しかし、デスクワークの時間が比較的長い現代社会においては、人工的に作られる青い光の影響を受けることが多いのが現状です。
そこで、ルテインサプリを摂取すると水晶体や黄斑部へのダメージを減らせるため、老眼の発症を遅らせたり眼病の予防として有効といえます。

 

また、ルテインとアントシアニンを両方含んだ製品も流通していることから、日常的に電子機器の画面を見続ける場合であればおすすめのサプリメントとなります。


ルテインサプリの代表であるブルーベリーサプリと他のサプリを比較してみた

ルテインサプリ,効果

ルテインサプリメントを比較してみました。

 

視力に自信が持てなくなってきた時に、まずはブルーベリーのサプリメントを購入してみることに。

 

ブルーベリーサプリを使用した結果

ブルーベリーは視力に良いと言われているアントシアニンが入っている果物ですが、毎日食べるというのはしんどいので、サプリメントを3ヶ月分購入しました。
夜寝るまえにサプリメントを飲んで1ヶ月で、眼精疲労による軽い頭痛は気にならなくなったのが大きな収穫です。

 

また、サプリメントを飲む前は、眼精疲労がひどく目薬を毎晩使用していたのですが、目薬をつける回数も少し減ったような気がします。

 

ビルベリーのサプリを使用した結果

ビルベリーのサプリメントは、ブルーベリーのサプリメントの後に飲んでみました。
こちらは2ヶ月間毎日取ったところ、肩こりが良くなり始めました。肩こりに効くとは思っていなかったので、なんだか得した気分です。

 

両者を比較してみた結果

ブルーベリーとビルベリーの成分を比較すると、ビルベリーサプリの方がブルーベリーサプリよりアントシアニンの量が多いようです。
しかし、実体験として視力や眼精疲労に関しては、さほど差がないように感じましたが、肩こりが改善されたのは、ビルベリーサプリの方でした。

 

サプリを利用する際は、成分の含有量の差をよくチェックすることも大切ですが、実際に利用して効き方を比べるのがおすすめです


タイミングが大事、ルテインサプリの効果的な飲み方

ルテインサプリ,効果

ルテインサプリを服用するなら幾つかポイントを抑えておきましょう。
せっかく目の健康のために摂取するのですから、効果をより発揮するための知識は合ったほうが良いですよね。

 

ルテインサプリを服用するなら食後が理想

ルテインサプリはそれだけでも効果の高いサプリなのですが、最も効果的な飲み方とするには、必ず食後に服用することが重要となります。
なぜなら、サプリの有効成分であるルテインは水に溶けにくく油に溶けやすいという脂溶性の成分だからです。

 

つまり、空腹時に水で飲んでも体の中に溶け込まず、そのまま排出されてしまいやすいのです。
しかし、食後であれば逆に食事の油分と一緒に溶けて吸収率が高くなるというわけです。。

 

服用する時間帯は自分の身体と相談

またもう一つのタイミングとして考えなければいけないのが、どの食事の後に飲むのかということです。
食事は基本的には1日3食とることとなりますが、このうちどのタイミングでサプリを服用するのが効果的となるのでしょう。

 

その答えはどのような効果を期待しているのかによって変わってきます。
例えば、一日のうちに夜に目の疲労を強く感じるようになるという場合は朝食後
逆に朝、目が覚めた時に目の疲労を感じるという場合には、夕食後がおすすめとなります。

 

ルテインサプリがしっかりと吸収されて効果を発揮するには、多少のタイムラグが生じますので、効果を得たい時間帯よりも前に服用することがポイントなのです

 

【めなり】今までにない理想の高スペックサプリで『超クリア』な世界を実感したいなら
●【めなり】の高スペック情報
 「ビルベリー」 「ルティン」 「ゼアキサンチン」 ※全て業界トップクラス配合!
 驚きの凄い新素材「クロセチン」 還元力の王様「アスタキサンチン」も高配合!
●【めなり】の圧倒的なコストパフォーマンス
 [通常価格]3,980円今なら907円! ※初回特別価格キャンペーン実施中!

【めなり】


「ルテインサプリを徹底比較!本当に効果のあるのはどのサプリメント」の関連情報